広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

Mac ProにMatias Tactile Pro 3

投稿者:yasu 更新日時:2011年7月14日 22時07分19秒
カテゴリApple, Keyboard, ハードウェア
タグ

えー、今回もまたキーボードのお話です。
デスクトップMacに標準で付いてくるAppleの純正キーボードって何であんなに打ち心地が悪いのでしょうか。
ストロークが浅いからとかキーが堅いからとか斜めに打ち込むと引っかかるなんて方もいます。
yasuも今まで我慢して使っていましたが、RealForceとかMajestouchとかHappy Hacking Keyboard Pro 2とか使っていると、Apple純正のキーボードの打ち心地が非常に悪く感じられMacを使いたくなくなってきてしまったのでMac Pro用のキーボードを買っちゃいました。

Matias Tactile Pro 3です。

打鍵音はいわゆるメカニカルキーボードらしく結構賑やかですが、キーストロークも深くて打ち心地も堅すぎず気持ちよくキー入力ができます。
先日のAtok 2011 for MacもあってMac Proで文章を書こうって気も起きてきます。

メカニカルキーボードのガチャガチャ音が気にならず、かつAppleの純正キーボードの打ち心地で悩んでいる方にはぜひとも使ってみて欲しいと思います。

FILCO Majestouch 茶軸

投稿者:yasu 更新日時:2011年6月21日 21時44分57秒
カテゴリKeyboard
タグ

FILCOのMajestouch 茶軸(FKBN87M/EB)が届きました。

最近発売されたMajestouch2ではなく1の方です。
なんで古い方を買ったのかというと値段が安かったのと1も2も対して変わらんだろって思って。

US配列でテンキーのないタイプのキーボードです。

US配列のキーボードって量販店でもあまり取り扱いがないし一般の人はあまり見ることのないキーボードだと思いますが、半年くらい前から仕事場でUS配列のキーボードを使い始めて最近指が慣れてきて家の日本語配列のキーボードが辛くなってきたので家用に購入しました。

早速使ってみました。
このブログでは初の試みかもしれませんが、キー入力している動画を撮って公開してみようかと思います。
この記事もこの動画を撮影しながら書いています。

Majestouch 茶軸のキー入力は会社で使っているRealForceより少しキーが重い感じがします。
個人的には重いキーが好きなんだと思っていて最初茶軸ではなく黒軸を買おうかと思っていたのですが、会社で使っているRealForceの軽いキータッチを思い出し茶軸に留まったわけですが、これは正解だったと思います。
正直茶軸より軽いキーボードの方が好みかもしれません。
とはいえまだ使い始めなので時期に慣れると思います。
とにかくキーボードの打鍵音はコトコトと気持ちいいの一言です。

しかしなんですね。
自分のキー入力を動画で見返してみたのですがミスタッチが多いです。
恥ずかしい限りです、はい。

色は埃が目立たない白系がよかったのですが黒いモデルしか無いのが残念です。
Majestouch3では白モデルも作って欲しいです。
あとRealForceみたいに[Ctrl]キーと[CapsLock]キーをディップスイッチで(できればキーも)交換できるようにしてもらえると嬉しいです。

最後はちょっと注文を付けちゃいましたがこういう良いキーボードはずっと作り続けられて欲しいものです。

 

引越しの準備とHappy Hacking Keyboard Professional 2

投稿者:yasu 更新日時:2011年6月19日 12時18分00秒
カテゴリKeyboard
タグ

何だか訳のわからないタイトルになってしまいましたが、まず引越しの準備といっても自宅ではありません。
近々職場の移転を控えているのですが、新しい事務所は作業スペースが狭いそうで職場で借りているパソコン2台とディスプレイ1台、自分で持ち込んでいるMac mini1台とディスプレイ2台全部を持っていけないそうです。

仕方がないので、職場で借りていた古いPC(Pentium 4)は返却して廃棄、それに繋いでいたディスプレイとHappy Hacking Keyboard Professional 2を持って帰ってきました。
持って帰ってきたはいいのですが、結局自宅の机にもディスプレイは置けず荷物置き場に。
Happy Hacking Keyboard Professional 2だけUbuntuマシンに接続して使っています。
※この記事もHappy Hacking Keyboard Professional 2使って書いてます。

ん〜、職場ではメインマシンじゃなかったのでHappy Hacking Keyboard Professional 2をあまり使っていなかったのですが、ブログのような長い日本語を書いてみるとやっぱりキー入力が快適です。
キー押下時のポコポコ音も個人的には気に入ってます。
かなり独特なキー配列(変態キーボード?)ですので使う人を選ぶのが難点ですが、慣れるとキー入力が楽しくなります。

今更ながらのHappy Hacking Keyboard Professional 2 レビューでした (^ ^;

Majestouch 2 がクルーっ

投稿者:yasu 更新日時:2011年6月18日 13時12分32秒
カテゴリKeyboard
タグ

仕事場でUS配列キーボード使ってたら、自宅の日本語配列キーボード使うのが辛くなってきたのでUS配列キーボード買おうと思います。
自宅用なのでRealForceとかHappy Hacking Keyboardのように2万円近いのはパス。
1万円前後でそこそこいいやつ探してたら丁度先週くらいにFILCOのMajestouch 2が新発売されたということでこいつにしました。
Majestouchには黒軸と茶軸というキータッチの違う2種類があるらしく、茶軸の方がタッチが軽く黒軸タイプの方がタッチが重いらしいです。

どっちにしようか迷いますが、昔使っていたメカニカルキーボードはキータッチが重い感じで正直長時間キー入力するのには向いてなかった気がするので軽いタッチの茶軸にしようと思います。

その後色々探していたらTSUKUMOのネットショップにMajestouchが7,980円で売っていたので、2じゃなくて1を買いました。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2を購入

投稿者:yasu 更新日時:2010年9月23日 0時08分48秒
カテゴリKeyboard
タグ

またまたキーボードネタです。
今回は仕事場のUbuntu用に新しいキーボードが欲しかったのでUNIX配列キーなPFU Happy Hacking Keyboard Professional2(HHKP2)を購入しました。
このキーボード、ノートPCのようにFnキーありきでファンクションキーや各種キーがないコンパクトな作りになっています。

RealForce86Uよりもさらに慣れが必要そうな感じですが、確かにあまり指をあちこち動かす必要がなく、これ慣れたら最強なんじゃない!?って感じがプンプンしたキーボードです。

とはいえ、Ubuntuで文章を書く機会はほとんどないので全然慣れずじまいな気はしますが、キーボードの打ち心地はRealForce86U同様いいです。

Ubuntu10.04でもJIS配列のキーボードからUS配列のキーボードに変更した場合は設定が必要です。

メニューバーから[システム]-[設定]-[キーボード]を選択します。

キーボードの設定ダイアログが表示されたら[レイアウト]タグを選択します。
[追加]ボタンをクリックしレイアウトを選択します。
レイアウトは
 国:アメリカ合衆国
 系列:USA
を選択します。

キーボードの型式の設定としては
 ベンダー:Fujitsu
 型式:Happy Hacking Keyboard
を選択します。

設定後OSの再起動をしましたが、再起動が本当に必要か確認していません。
※Windows XPでRealForce86Uに変更したときにOS再起動が必要だったので、Ubuntuでも必要だと思い込んでました

自分の備忘録としては[Ctrl]キー+[スペース]キーで日本語入力切り替え。
ってそれくらいか。
備忘録っていうほどじゃなかった・・・。

あと気になったのはDIPスイッチの設定でキーコードを変更できるはずなのですが、Ubuntu10.04ではそれが反映されませんでした。
これは別途調べてみたいと思います。

東プレ Realforce86Uを購入

投稿者:yasu 更新日時:2010年9月22日 15時45分52秒
カテゴリKeyboard
タグ

ついに購入しました「東プレ Realforce86U」。
仕事場では数年前に購入したRealforce91UBKを使っているのですが、どうしてもRealforceのUS配列キーボードを使ってみたくて買っちゃいました。

Realforce86UはWindows XPで使用するのですが、Realforce91UBKのようないわゆるJIS配列キーボードからUS配列キーボードに変更する場合みんなどうしてるんだろ?
ググってみたところ、レジストリを弄る方とコントロールパネルから設定する人がいました。
レジストリ弄って設定代えるのはあんまり好きじゃないのでコントロールパネルから設定してみます。
と、ネットに書いてあるようにデバイスマネージャーのキーボードのプロパティから設定しようと思っても「101/102 配列の英語キーボード」が一覧に表示されない。

色々調べてみると元々USBのJIS配列キーボードからUSBのUS配列キーボードに変更する場合はレジストリを弄らないとダメとのこと。

レジストリエディタで[HKEY_LOCAL_MACHINE]-[SYSTEM]-[CurrentControlSet]-[Services]-[i8042prt]-[Parameters]の
 LayerDriver JPN:KBD101.DLL
 OverrideKeyboardIdentifier:PCAT_101KEY
 OverrideKeyboardSubtype:0x00000000(0)←(16進数の0)
を設定してWindowsを再起動するとUS配列のキーボードがキー通りに入力可能になります。

ちなみに後で日本語キーボードに戻したい場合は
 LayerDriver JPN:KBD106.DLL
 OverrideKeyboardIdentifier:PCAT_106KEY
 OverrideKeyboardSubtype:0x00000000(2)←(16進数の2)
に戻してやればOK。

RealForce86Uのキーですが、Macのキーボードも[A]キーの左側は[Ctrl]キーと言うのともう一つ理由があって[Ctrl]キーと[CapsLock]キーを入れ替えて使っています。
※もう一つの理由はまた後日

微妙にキー配列も違っていて慣れるまではパンチミス多発していますが、絶対慣れてみせますっ!!