広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証

投稿者:yasu 更新日時:2010年2月3日 0時04分11秒
カテゴリCentOS, Darwin Streaming Server, 自宅サーバー
タグ

以前Darwin Streaming Serverでストリーミングサーバーを構築しました。
あの時はアクセス制限をかけたりや認証させる方法がわからずにそれっきりになっていましたが、先日アイスクリーマ様から「qtaccessというファイルで認証することができますよ」という貴重なコメントをいただきました。
QuickTime StreamingServer について

さっそくqtaccessファイルでダイジェスト認証を試してみたいと思います。
認証はベーシック認証とダイジェスト認証の2つの方式があるようなのですが、セキュリティが高いのはもちろんダイジェスト認証です。
認証方法の確認ですが、管理者画面の[General Settings]のページにある「Default Authentication Scheme」が [Digest] になっていればダイジェスト認証になります。

まず動画・音楽ファイル格納フォルダ(yasuは/nas/moviesを指定)にqtaccessファイルを下記のように作成します。

[centos@centos ~]$ su -
パスワード: rootユーザのパスワードを入力
[root@centos ~]# vi /nas/movies/qtaccess
AuthName 'Streaming Test'
AuthUserFile /etc/streaming/qtusers
AuthGroupFile /etc/streaming/qtgroups
require user streamuser
require group streamuser

[Esc]ボタンを押下したら、[:]ボタン、[w]ボタン、[q]ボタンを順に押下してvi /etc/sysconfig/selinuxファイルを保存、viエディタを終了します

なお、各パラメタの簡単な説明ですが
AuthNameは省略可です。認証ダイアログにメッセージを表示させることができます

AuthUserFileはユーザファイルのパスとファイル名です。デフォルト設定は「/etc/streaming/qtusers」です

AuthGroupFileはは、グループファイルのパスとファイル名です。デフォルト設定は「 /etc/streaming/qtgroups」です。グループファイルは省略してもかまいません。多数のユーザがいる場合は、 1 つ以上のグループを設定してからグループ名を入力した方が、ユーザを個別に記述するよりも簡単な場合があります

UserName(ここではstreamuserと指定)は、ログインとメディアファイルを視聴する権限が与えられているユーザです。このユーザ名は、指定したユーザファイルに記述されている必要があります。「 valid-user」を指定することもできます。「 valid-user」はすべての有効なユーザを示します

GroupName(ここではstreamuserと指定)は、ログインとメディアファイルの視聴の権限が与えられているメンバーで構成されるグループです。 グ ループとそのメンバーは、指定したグループファイルに記述されている必要があります
となっております。

続いてqtaccessファイルに指定した認証ユーザ streamuser のパスワードを作成します。

[root@centos ~]# qtpasswd streamuser /etc/streaming/qtusers streamuser
Adding userName streamuser
New password: streamuserユーザに付与したいパスワードを入力
Re-type new password: streamuserユーザに付与したいパスワードを再入力

なお、今回はユーザファイルが既に存在したので上記のような入力を行っていますが
#初めてユーザファイルを作成する場合
qtpasswd -c [authentication realm] [user filename] [user-name]
#既にユーザファイルを作成済みの場合
qtpasswd [authentication realm] [user filename] [user-name]
となっております。

QuickTimeのメニューバーから[ファイル(F)]-[URLを開く(U)]を選択します。
01

URLとして rtsp://www.sa-sa-ki.jp/sany0070.mp4 と入力して[OK]ボタンをクリックします。

すると認証ダイアログが表示されるようになるので、さっき作成した認証ユーザ streamuser とそのパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。

動画の再生が始まります。

このようにちょっとした作業で認証ができるようになります。
これで安心して動画を公開できますね。

改めてアイスクリーマ様にはお礼を申し上げます。

■ 関連記事 ■
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog
Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 その2 » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証 » sa-sa-ki.jpのblog

Webページで動画をストリーミング再生 その2

投稿者:yasu 更新日時:2009年12月8日 22時31分54秒
カテゴリCentOS, Darwin Streaming Server, 自宅サーバー
タグ

昨日うまくいかなかったWebページで動画再生ですが、ひとまずWebサーバ側にDarwin Streaming Serverをインストールして動画公開をすることにしました。

Darwin Streaming Serverのインストール

WebサーバにDarwin Streaming Serverをインストールします。
インストール手順は以前NASサーバにインストールした手順をWebサーバで実施します。
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog

ファイヤーウォールと管理者画面の設定

Webサーバのファイヤーウォールの設定と管理者画面の設定をします。
設定手順は以前NASサーバにインストールした手順をWebサーバで実施します。
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog

ルータのポート公開

ルータの設定を変更してTCPポートの554番、7070番、8000番、8001番を公開します。
公開手順はルータの設定手順に従って実施してください。

htmlファイルとメタファイルの修正

先日作成したhtmlファイルとメタファイルを修正します。
前回作成したHTMLファイル(qt.html)を変更します。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
</head>
<body>
<embed src="meta-sany0070.mov" width="720" height="416" href="meta-sany0070.mov" target="quicktimeplayer" scale="1.0" controller="true" autoplay="false" align="middle"></embed>
</body>
</html>

前回作成したメタファイル(meta-sany0070.mov)を修正します。

rtsptext
rtsp://www.sa-sa-ki.jp/sany0070.mov

Webページで動画再生

外部のブラウザからqt.htmlにアクセスします。
02

Webページから動画の再生ができるようになりました。

ただこれだと動画がある場所がわかってしまうと誰でも見れてしまうので、もう少し何か考えないと駄目ですね。

■ 関連記事 ■
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog
Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 その2 » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証 » sa-sa-ki.jpのblog

Webページで動画をストリーミング再生

投稿者:yasu 更新日時:2009年12月7日 22時21分09秒
カテゴリCentOS, Darwin Streaming Server
タグ

今回はいよいよWebページで動画をストリーミング再生したいと思います。

Webページから動画をストリーミングする場合、Webページから直接動画にアクセスするのではなく、メタファイルを経由して動画を再生することになります。

ではさっそくメタファイルを作ってみたいと思います。
メタファイルはテキストファイルですので、テキストエディタを使って作成してください。
※ここではmeta-sany0070.mov という名前で保存します。
※拡張子は.mov固定ですが、それ以外のところは何でもいいです

rtsptext
rtsp://nas.sa-sa-ki.jp/sany0070.mov

HTMLファイルを作ります。
※ここではqt.htmlという名前で保存します。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
</head>
<body>
<embed src="meta-sany0070.mov" width="720" height="416" href="rtsp://nas.sa-sa-ki.jp/sany0070.mov" target="quicktimeplayer" scale="1.0" controller="true" autoplay="false" align="middle"></embed>
</body>
</html>

HTMLファイル(qt.html)とメタファイル(meta-sany0070.mov)をWebサーバにアップして外部のブラウザからアクセスしてみます。

するとエラーコード10060が表示されて動画が再生できませんでした。
05

ちなみにDarwin Streaming Serverと同じセグメントのマシンからは動画再生ができました。
ルータのポートを開いたり、ファイヤーウォールやSELinuxを停止してみたのですが、外部のブラウザからは動画の再生ができませんでした。
と、言うことでもう少し調査してみたいと思います。

■ 関連記事 ■
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog
Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 その2 » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証 » sa-sa-ki.jpのblog

■参考サイト
メタファイルの作成法
QuickTime|音声・動画配信(ストリーミング)|PHP & JavaScript Room

Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する

投稿者:yasu 更新日時:2009年12月4日 16時33分44秒
カテゴリCentOS, Darwin Streaming Server
タグ

今回はいよいよXactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信してみたいと思います。
まずは動画ファイルをFTPソフトでDarwin Streaming Serverの配信フォルダへ転送します。
※ここではsany0070.mp4というファイルを使いました

QuickTimeを起動します。
インストールしていない場合は下記リンクからダウンロードしてください。
アップル - QuickTime - ダウンロード
※QuickTimeを使うのでWindowsマシンかMacマシンが必要になります

QuickTimeのメニューバーから[ファイル(F)]-[URLを開く(U)]を選択します。
01

URLとして rtsp://nas.sa-sa-ki.jp/sany0070.mp4 と入力して[OK]ボタンをクリックします。
※nas.sa-sa-ki.jpはyasuの家のDarwin Streaming Serverをインストールしたサーバー名です
02

「Unsupported Media Type」と表示されて動画が再生されません。
03

えっ!?
なんで!!?

ネットで調べてみるとストリーミングサーバーでmp4を再生するにはmp4ファイルにヒントトラックをつける必要があることがわかりました。
じゃあヒントトラックはどうやってつけるのか!?

QuickTimeProを使えばヒントトラックを付けられるようなのですが、ここはあえてフリーのツール「MP4Box」を使ってみたいと思います。
「MP4Box」はWindows用アプリなのでWindowsマシンを用意して、下記サイトにアクセスしてMP4Box-0.4.5.zipをダウンロードします。
Index of /mp4tools

MP4Box-0.4.5.zipのダウンロードが終わったら適当な場所に解凍します。
ここではC:\Program Filesにmp4boxというフォルダを作成してそこに解凍します。
また動画ファイルのsany0070.mp4もC:\Program Files\mp4boxへ移動しておきます。

コマンドプロンプトからMP4Boxを実行してヒントトラックを付与します。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\Documents and Settings\Administrator>cd C:\Program Files\mp4box

mp4box.exeを実行します
 ■mp4box.exeのパラメタ
  -hint:ヒントトラックを付与します
  sany0070.mp4:付与元の動画ファイルのパス
  -out:出力先ファイルを指定
  sany0070.mov:ヒントトラックを付与した動画ファイルの出力先パス
C:\Program Files\mp4box>mp4box.exe -hint sany0070.mp4 -out sany0070.mov
Hinting file with Path-MTU 1450 Bytes
Hinting track ID 1 - Type "avc1:avc1" (H264) - BW 1507 kbps
Hinting track ID 2 - Type "mp4a:mp4a" (mpeg4-generic) - BW 19 kbps
Track ID 3 disabled - skipping hint
Saving to sany0070.mov: 0.500 secs Interleaving

これでC:\Program Files\mp4boxにsany0070.movというファイルが作成されたかと思います。
これがヒントトラック付きのsany0070.mp4ファイルとなります。
sany0070.movをFTPソフトでDarwin Streaming Serverの配信フォルダへ転送します。

先ほどと同じ用にQuickTimeのメニューバーから[ファイル(F)]-[URLを開く(U)]からURLとして rtsp://nas.sa-sa-ki.jp/sany0070.mp4 を指定すると動画の再生が始まります。
04

とりあえずストリーミングの動作確認まで終了しました。

次回はWebページからこの動画をストリーミングして再生したいと思います。

■ 関連記事 ■
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog
Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 その2 » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証 » sa-sa-ki.jpのblog

Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定

投稿者:yasu 更新日時:2009年12月2日 1時35分45秒
カテゴリCentOS, Darwin Streaming Server
タグ

今回はDarwin Streaming Serverの管理者設定の設定を行います。

ファイヤーウォール設定変更

まず管理画面にアクセスするにはポート番号1220を開く必要があるので、iptableの設定を変更して1220番ポートを開きます。
またDarwin Streaming Serverで必要なポートも併せて開いておきます。

/etc/sysconfig/iptables ファイルを編集します
[root@nas src]# vi /etc/sysconfig/iptables
# Firewall configuration written by system-config-securitylevel
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]
-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 137 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 138 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 139 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 445 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -s 192.168.0.0/24 -m tcp -p tcp -m multiport --dports 111,2049,12050,12051,12052 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -s 192.168.0.0/24 -m udp -p udp -m multiport --dports 111,2049,12050,12051,12052 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -s 192.168.11.0/24 -m tcp -p tcp -m multiport --dports 111,2049,12050,12051,12052 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -s 192.168.11.0/24 -m udp -p udp -m multiport --dports 111,2049,12050,12051,12052 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 554 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 1220 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 7070 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8000 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8001 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT

viエディタを保存終了してください。([Esc]キーを押し、続いて[:]キー、[w]キー、[q]キーを順番に押して[Enter]キーを押します)

編集した/etc/sysconfig/iptables ファイルを反映します
[root@nas ~]# /etc/rc.d/init.d/iptables restart
ファイアウォールルールを適用中: [ OK ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter [ OK ]
iptables モジュールを取り外し中 [ OK ]
iptables ファイアウォールルールを適用中: [ OK ]
iptables モジュールを読み込み中ip_conntrack_netbios_ns [ OK ]

管理者画面設定

ブラウザを起動して[http://nas.sa-sa-ki.jp:1220]にアクセスします。
はDarwin Streaming Serverの管理者ログイン画面が表示されるのでインストールの途中で入力したユーザ名とパスワードを入力して[Log In]ボタンをクリックします。
01

MP3 Broadcast(音声配信システム)のパスワードを設定して[Next]ボタンをクリックします。
02

管理者画面でSSLを使うか選択して[Next]ボタンをクリックします。
※yasuはチェックしませんでした(SSLは使わない)
03

動画・音楽ファイル格納フォルダを指定します。
※yasuは/nas/moviesフォルダを指定しました
04

Darwin Streaming Serverを80番ポートで使うか選択して[Finish]ボタンをクリックします。
※yasuはチェックしませんでした(80番ポートは使わない)
05

次回はXactiで撮った動画ファイルをQuickTimeでストリーミングしてみたいと思います。

■ 関連記事 ■
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog
Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 その2 » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証 » sa-sa-ki.jpのblog

CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール

投稿者:yasu 更新日時:2009年11月30日 12時01分59秒
カテゴリCentOS, Darwin Streaming Server
タグ

先日、現場の社員旅行で宮崎へ行きました。
宮崎へはXactiも持参して色々と映してきました。

動画を一緒に旅行にいった仲間にも見せてあげたいのですがサイズも大きいしDVDに焼いて配るのもめんどくさいので、ここは一つストリーミングサーバーを構築してみんなに見て貰おうと思います。
とはいえ、普通に動画を公開してしまうとネットワーク負荷が膨大になってしまうことも予想されるので、Digest認証したWebページで動画を再生すればメンバーを限定しつつどこからでも動画が見れるようになります。
あとストリーミング用ポートの公開も必要なことから、ストリーミングサーバーは外部公開している自宅サーバーではなくNASサーバーにインストールします。

ストリーミングサーバーにはAppleがフリーで提供しているDarwin Streaming Serverを使う事にします。

Darwin Streaming Server用ユーザ作成

Darwin Streaming Serverはqtssというユーザが必要になりますので作成します。

qtssユーザを確認します
[root@nas src]# id qtss
id: qtss: そのようなユーザは存在しません

qtssユーザを作成します
[root@nas src]# useradd qtss

再度qtssユーザを確認します
[root@nas src]# id qtss
uid=501(qtss) gid=501(qtss) 所属グループ=501(qtss)

Darwin Streaming Server 6.0.3 ソースファイルのダウンロードと解凍

Darwin Streaming Server 6.0.3のソースファイルをダウンロードします
[root@nas ~]# cd /usr/local/src
[root@nas src]# wget http://dss.macosforge.org/downloads/DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar
--2009-11-30 10:50:46-- http://dss.macosforge.org/downloads/DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar
dss.macosforge.org をDNSに問いあわせています... 17.254.17.248
dss.macosforge.org|17.254.17.248|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 302 Found
場所: http://static.macosforge.org/dss/downloads/DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar [続く]
--2009-11-30 10:50:47-- http://static.macosforge.org/dss/downloads/DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar
static.macosforge.org をDNSに問いあわせています... 17.254.17.246
static.macosforge.org|17.254.17.246|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 32593920 (31M) [application/x-tar]
`DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar' に保存中

100%[==================================================================================>] 32,593,920 1.08M/s 時間 33s

2009-11-30 10:51:20 (966 KB/s) - `DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar' へ保存完了 [32593920/3593920]

Darwin Streaming Server 6.0.3のtarボールを解凍します
[root@nas src]# tar xvf DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source.tar
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/APICommonCode/
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/APICommonCode/APICommonCode.dsp
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/APICommonCode/QTAccessFile.cpp
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/APICommonCode/QTAccessFile.h

~中略~

DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/WinNTSupport/StreamingServer.dsp
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/WinNTSupport/StreamingServer.dsw
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/WinNTSupport/streamingserver.xml
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/WinNTSupport/Win32header.h
DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/WinNTSupport/WinPasswdAssistant.pl

Darwin Streaming Server 6.0.3 パッチファイルのダウンロードと適用

Darwin Streaming Server 6.0.3のパッチファイルをダウンロードします
[root@nas src]# wget http://www.abrahamsson.com/dss-6.0.3.patch
--2009-11-30 10:55:22-- http://www.abrahamsson.com/dss-6.0.3.patch
www.abrahamsson.com をDNSに問いあわせています... 194.187.61.10
www.abrahamsson.com|194.187.61.10|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 15014 (15K)
`dss-6.0.3.patch' に保存中

100%[================================================>] 15,014 25.6K/s 時間 0.6s

2009-11-30 10:55:24 (25.6 KB/s) - `dss-6.0.3.patch' へ保存完了 [15014/15014]

Darwin Streaming Server6.0.3のパッチファイルを適用します
[root@nas src]# patch -p0 < dss-6.0.3.patch
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/APICommonCode/QTAccessFile.cpp
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/CommonUtilitiesLib/OSHeaders.h
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/CommonUtilitiesLib/OSRef.h
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Makefile.POSIX
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/RTSPClientLib/PlayerSimulator.h
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Server.tproj/QTSSErrorLogModule.cpp
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Server.tproj/QTSServer.cpp
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Server.tproj/RTPSession.cpp
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Server.tproj/RTPStream3gpp.cpp
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Server.tproj/RTPStream.h
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/Server.tproj/RTSPRequest3GPP.cpp
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/StreamingLoadTool/Makefile.POSIX
patching file DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source/StreamingLoadTool/StreamingLoadTool.cpp

Darwin Streaming Server 6.0.3 コンパイル

Darwin Streaming Server 6.0.3をコンパイルします
[root@nas src]# cd DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source
[root@nas DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source]# ./buildtarball
Preparing for the Darwin Linux platform
removing DarwinStreamingSrvr-Linux.tar.gz
removing DarwinStreamingSrvr-Linux
removing StreamingProxy--Linux.tar.gz
removing StreamingProxy--Linux
Darwin Streaming Server
-----------------------
Configuring for the Linux i686 platform
Building for Linux.i686 with gcc

~中略~

StreamingProxy--Linux/
StreamingProxy--Linux/streamingproxy.conf
StreamingProxy--Linux/StreamingProxy
StreamingProxy--Linux/StreamingProxy.html
Success!
※最後に「Success!」が表示されれば無事終了です

Darwin Streaming Server 6.0.3 インストール

Darwin Streaming Server 6.0.3をインストールします
[root@nas DarwinStreamingSrvr6.0.3-Source]# cd DarwinStreamingSrvr-Linux
[root@nas DarwinStreamingSrvr-Linux]# ./Install

Installing Darwin Streaming Server

Checking for and Killing currently running Darwin Streaming Server
Removing previous versions of Darwin Streaming Server

Backing up previous config files

Inserting path to perl into scripts..

Creating unprivileged user to run the server = "qtss".
copying DarwinStreamingServer to /usr/local/sbin/DarwinStreamingServer
copying PlaylistBroadcaster to /usr/local/bin/PlaylistBroadcaster
copying MP3Broadcaster to /usr/local/bin/MP3Broadcaster
copying qtpasswd to /usr/local/bin/qtpasswd
creating /usr/local/sbin/StreamingServerModules directory
copying createuserstreamingdir to /usr/local/bin/createuserstreamingdir
creating /etc/streaming directory
Generating a new prefs file at /etc/streaming/streamingserver.xml
INFO: Module Loaded...QTSSHomeDirectoryModule [dynamic]
INFO: Module Loaded...QTSSRefMovieModule [dynamic]
INFO: Module Loaded...QTSSFileModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSReflectorModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSRelayModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSAccessLogModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSFlowControlModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSPosixFileSysModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSAdminModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSMP3StreamingModule [static]
INFO: Module Loaded...QTSSAccessModule [static]
WARNING: No users file found at /etc/streaming/qtusers.
WARNING: No groups file found at /etc/streaming/qtgroups.

copying relayconfig.xml-Sample to /etc/streaming/relayconfig.xml-Sample

copying qtusers to /etc/streaming/qtusers

copying qtgroups to /etc/streaming/qtgroups
copying readme.txt to /var/streaming/readme.txt
copying 3rdPartyAcknowledgements.rtf to /var/streaming/3rdPartyAcknowledgements.rtf
creating /usr/local/movies directory
creating /var/streaming/playlists directory
copying sample_100kbit.mov into /usr/local/movies/sample_100kbit.mov
copying sample_300kbit.mov into /usr/local/movies/sample_300kbit.mov
copying sample_100kbit.mp4 into /usr/local/movies/sample_100kbit.mp4
copying sample_300kbit.mp4 into /usr/local/movies/sample_300kbit.mp4
copying sample.mp3 into /usr/local/movies/sample.mp3
copying sample_50kbit.3gp into /usr/local/movies/sample_50kbit.3gp
copying sample_h264_100kbit.mp4 into /usr/local/movies/sample_h264_100kbit.mp4
copying sample_h264_300kbit.mp4 into /usr/local/movies/sample_h264_300kbit.mp4
copying sample_h264_1mbit.mp4 into /usr/local/movies/sample_h264_1mbit.mp4
copying StreamingLoadTool to /usr/local/bin/StreamingLoadTool
copying streamingloadtool.conf to /etc/streaming/streamingloadtool.conf
copying streamingadminserver.pl into /usr/local/sbin/streamingadminserver.pl
copying Admin HTML to /var/streaming/AdminHtml directory

Launching streamingadminserver.pl

Installation Complete

Darwin Streaming Server Setup

In order to administer the Darwin Streaming Server you must create an administrator user [Note: The administrator user name cannot contain spaces, or single or double quote characters, and cannot be more than 255 characters long].
Please enter a new administrator user name: centos ←Darwin Streaming Serverの管理者名を入力します(CentOSに実在するユーザ名である必要はありません)

You must also enter a password for the administrator user [Note: The administrator password cannot contain spaces, or quotes, either single or double, and cannot be more than 80 characters long].
Please enter a new administrator Password:パスワードを入力して上で入力したcentosユーザにパスワードを付与します
Re-enter the new administrator password:パスワードを再入力して上で入力したcentosユーザにパスワードを付与します
Adding userName centos
Setup Complete!

Darwin Streaming Server 6.0.3 サービス起動確認

Darwin Streaming Serverのサービスが動いている事を確認します
[root@nas DarwinStreamingSrvr-Linux]# ps aux
root 23117 0.0 0.0 4348 464 ? Ss 11:38 0:00 /usr/local/sbin/DarwinStreamingServer
qtss 23118 0.0 0.0 46016 2380 ? Sl 11:38 0:00 /usr/local/sbin/DarwinStreamingServer
qtss 23119 0.0 0.1 9628 3908 ? Ss 11:38 0:00 /usr/bin/perl /usr/local/sbin/streamingadminserver.pl

次回は管理画面の設定を行います。

■ 関連記事 ■
CentOS 5.4 にDarwin Streaming Server 6.0.3 をインストール » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 の管理者設定 » sa-sa-ki.jpのblog
Xactiで撮った動画をDarwin Streaming Serverで配信する » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 » sa-sa-ki.jpのblog
Webページで動画をストリーミング再生 その2 » sa-sa-ki.jpのblog
Darwin Streaming Server 6.0.3 ストリーミングをダイジェスト認証 » sa-sa-ki.jpのblog

■参考サイト