Bash on Ubuntu on WindowsでRuby on Rails環境を構築する » sa-sa-ki.jpのblog

広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2016年12月
« 11月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

Bash on Ubuntu on WindowsでRuby on Rails環境を構築する

投稿者:yasu 更新日時:2016年12月6日 18時05分36秒
カテゴリWindows

Bash on Ubuntu on WindowsでRuby on Rails環境を構築してみたいと思います。

作業環境

・Windows 10 Pro 64bit(Windows 10 Anniversary Update適用済み)
・Ubuntu 14.04.5 LTS(cat /etc/lsb-release で確認)

環境構築手順

Bash on Ubuntu on Windowsインストール

Bash on Ubuntu on Windowsをインストールします。
「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「開発者向け」を選択して、開発者モードを選択します。

続いて「スタートメニュー」右クリック→「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効化または無効化」から「Windows Subsystem for Linux(Beta)」をチェックして、有効にします。

最後にコマンドプロンプトを起動したら、コマンドプロンプト上でbashと入力して[Enter]キーを押下します。

「続行するには"y"を入力してください」と出てくるので、言われたとおりyを入力して[Enter]キーを押下します。
これでbashのダウンロードとインストールが始まります(しばらく時間がかかります)
途中で「新しいUNIXユーザーアカウントを作成してください」と出てくるので、適当にユーザー名を入力して[Enter]キーを押下します。
さらに「新しいUNIXパスワードを入力してください」と出てくるので、設定したいパスワードを入力して[Enter]キーを押下します。
パスワードは再入力を求められるので、再入力して[Enter]キーを押下します。

これより先の手順はBash on Ubuntu on Windowsのターミナル上で入力していきますので、上記コマンドプロンプトかスタートメニューから「Bash on Ubuntu on Windows」のターミナルアプリを起動します。

各種パッケージインストール

$ sudo apt-get -y install git curl g++ make zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev sqlite3 libsqlite3-dev nodejs

gitインストール

$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install git

rbenv、ruby-buildインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

環境変数設定

$ vi .bashrc

# ファイルの一番下に追記
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

# [Esc]押下後、[:][w][q][Enter]を押下してファイルを保存かつviエディタを終了します

# 環境変数反映
$ source .bashrc

rubyインストール

$ rbenv install --list

# 2016年12月06日現在、rubyの安定最新バージョンは2.3.3でしたので、2.3.3をインストールします
$ rbenv install 2.3.3
$ rbenv global 2.3.3

.gemrc作成

gemでドキュメントインストールをインストールしないオプションを.gemrcファイルに定義しておきます。

$ vi .gemrc

install: --no-document
update: --no-document

# [Esc]押下後、[:][w][q][Enter]を押下してファイルを保存かつviエディタを終了します

railsインストール

$ gem install rails

railsアプリケーション作成用ワークディレクトリ作成

$ mkdir work
$ cd work

railsアプリケーション作成

$ rails new アプリ名 --skip-bundle --skip-listen
オプションは下記の通り
--skip-bundle:bundle installを実行しない
--skip-listen:listenアプリケーションをインストールしない
listenをインストールすると、rails sでアプリケーションを起動する際、エラーが発生します。
http://railsguides.jp/5_0_release_notes.html をみると

生成されるアプリケーションはLinuxやMac OS X上で「ファイルシステムのイベント監視」(evented file system monitor)が有効になる。--skip-listenオプションを追加するとこの機能を無効にできる。

と記載があり、listenが必須ではなさそうなので、ひとまずインストールを除外します。

依存パッケージのインストール

$ cd アプリ名
$ vi Gemfile

# コメント解除
# gem 'therubyracer', platforms: :ruby

gem 'therubyracer', platforms: :ruby

# [Esc]押下後、[:][w][q][Enter]を押下してファイルを保存かつviエディタを終了します

$ bundle install

アプリケーションの起動

$ rails s

稼働確認

ブラウザを起動して、http://localhost:3000 にアクセス。
3


“Bash on Ubuntu on WindowsでRuby on Rails環境を構築する”にコメントはありません

コメントする