広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2014年5月
« 1月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

OS X Server メールのプッシュ通知について

投稿者:yasu 更新日時:2014年5月31日 12時10分33秒
カテゴリOS X, 自宅サーバー

以前Mac OS X Lion Serverのメールサーバとプッシュ通知の設定をして使っている中でプッシュ通知がこない場合があるというのを記事にした事があるのですが、OS X Serverで使っているメールサーバのメールアカウントはサブ用のメールなので、その後特に調査もせず「まあ自分でこまめに受信すればいいよね」的な感じで放置していたのですが、昨日私の当時の記事にとっとこさんなる方からコメントをいただきました。
なんでもメールのプッシュ通知をしているデーモンを定期的に再起動してあげる事で常にプッシュされるというではありませんか!!
Mac OS X Mavericks Server のメールサーバで正しくPush通知が送られない問題について。 - とっとこのサーバ日記

それならとyasuも試してみました。
とっとこさんは自作perlを作成され一度だけperlプログラムを実行することでプッシュ通知デーモンの定期killをされていましたが、yasuはcron設定して明示的に実行する事なく自動実行できるようにしました。
当時Lion Serverでメールサーバの構築をしましたが、その後Mountain Lion ServerにアップグレードしているのでMountain Lion Serverでの設定備忘録になります。

やった事は以下の2つ。
1.Mountain Lion Serverのrootユーザを有効にする
OS X Mountain Lion: ルートユーザを有効にする/無効にする
リンクがなくなってもいいように手順を引用しておきます。

1.アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。
2.カギのアイコンをクリックしてロック解除してから、管理者名およびパスワードを入力します。
3.「ネットワークアカウントサーバ」セクションで、「接続」または「編集」をクリックします。
4.「ディレクトリユーティリティを開く」をクリックします。
5.カギのアイコンをクリックしてロックを解除してから、管理者名およびパスワードを入力します。
6.「編集」>「ルートユーザを有効にする」と選択してから、「パスワード」および「確認」フィールドにルート・ユーザ・パスワードを入力します。

2.cronの設定
rootユーザのcronにプッシュデーモンをkill(killすると勝手にプッシュデーモンが再起動するのでkillするだけでいいらしい)するコマンドを書きます。
とりあえず10分毎に実行される様にします。

macmini:~ macmini$ sudo crontab -e
Password: ログインユーザのパスワード
*/10 * * * * kill `ps aux|grep push_notify|grep -v "grep"|awk '{print $2}'`
保存してviエディタを終了します

これだけです。

あとは/var/log/system.logをみて30分毎にプッシュデーモンがkillされて再起動されていることを確認します。

May 31 11:30:01 macmini.sasaki.jpn.com push_notify[70303]: Opening connection to apn feedback server feedback.push.apple.com for topic com.apple.mail.XServer.xxx6xxxx-71xx-4xxx-af95-479xxxxxxxx
May 31 11:30:02 macmini.sasaki.jpn.com push_notify[70303]: Disconnected from apn feedback server feedback.push.apple.com for topic com.apple.mail.XServer.xxx6xxxx-71xx-4xxx-af95-4790xxxxxxxx

プッシュデーモン定期再起動をやってみて、プッシュ通知が常に届くようになった気がします。

とっとこさん、貴重な情報提供ありがとうございました!!


“OS X Server メールのプッシュ通知について”にコメントはありません

コメントする