広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2012年3月
« 2月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

Crucial m4 CT128M4SSD2にファームウェアを適用

投稿者:yasu 更新日時:2012年3月8日 0時11分18秒
カテゴリNAS, Ubuntu, ハードウェア

先日購入したExpress5800/GT110d、Core i3 2120T、Crucial m4 CT128M4SSD2、Velocity Soloが届きました。

早速NASとしてセットアップしていきたいのですが、yasuの購入したCrucial m4 CT128M4SSD2はファームウェアバージョンには「ドライブの電源投入時間が5,184時間を超えると正常動作しなくなる場合がある」バグがあって、アップデートの必要があったので早速アップデートしました。

まずはExpress5800/GT110dの梱包を開けたら電源を入れる前にCPUをCeleron G560からCore i3 2120Tに換装。
メモリは以前のUbuntu機に挿してあるNonECCメモリ4G×2を挿したのですがGT110dを起動するとピッピ言って起動しません。
どうやらメモリがNonECCでは正常起動しないようなので、以前Mac Proに刺さっていたECCメモリ2G×3と元々GT110dに搭載されていたECCメモリ2GB×1の計8GBに交換したところ無事起動しました。
Crucial m4 CT128M4SSD2は標準搭載されていたHDDを引っこ抜いてSATAケーブルで普通に挿します。
※これもVelocity Solo+Crucial m4 CT128M4SSD2をPCIeに接続したところ、ファームウェアのバージョンアップ時にデバイス(Crucial m4 CT128M4SSD2)を探したままアップデートが終わらなかったのでSATAケーブルで普通に接続します

Crucial m4 CT128M4SSD2のファームウェアは下記リンクからダウンロードします。
Crucial.com Product Downloads - Firmware Updates

Choose your product to get information and available updates:と表示されている下のコンボボックスから「Crucial m4 2.5-inch(9.5mm)SSD」を選択します。

執筆日(2012/03/08)時点の最新バージョン0309をダウンロードします。
Crucialm4_0309.zip

ダウンロードしたzipファイルからcrucial-03093l.isoを解凍します。
解凍したcrucial-03093l.isoをディスクイメージの書き込みができるソフトでCDドライブに焼きます。
作成したCDをGT110dに入れて電源を入れます。
しばらく待っていると以下のような表示になります。

Crucial m4 2.5-inch (9.5mm) SSD

(C) 2009,2010 Micron Technology, Inc. All Rights Reserved.
This copyright notice may not be removed, altered or obscured in any way.
*************************************************************
** READ ANY SUPPORTING DOCUMENTS ACCOMPANYING THIS PROGRAM **
*************************************************************
Finding drives...
......
Searching for eligible SSDs...
The following drive is eligible for a firmware update!
M4-CT128M4SSD2
00000000114908FFF1DB
0009

Update,firmware,on,this drive?
Enter 'yes' or 'no', case is sensitive...
-> yes # yesと入力して[Enter]キーを押下します
Updating firmware...
Current Firmware is: 0309
Finished.
A:\>

Current Firmware is: 0309
Finished.
と表示されたらアップデート完了です。

電源ボタンを押して電源を切ります。

yasuはこの後Velocity Solo+Crucial m4 CT128M4SSD2をPCIeに接続してUbuntu 10.04 LTSをインストール、PCIeに接続したSSDからUbuntuのブートができました。


“Crucial m4 CT128M4SSD2にファームウェアを適用”にコメントはありません

コメントする