広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

Hyper-V Server 2008 R2に仮想マシンを作成する

投稿者:yasu 更新日時:2009年12月30日 0時33分09秒
カテゴリHyper-V Server 2008 R2, INSTALL MANIAX 3, Remote Server Administration Tools

前回、クライアントOSのHyper-Vマネージャー経由でHyper-V Server 2008 R2に接続しました。
Windows 7 にリモート サーバー管理ツール(Remote Server Administration Tools)をインストールする » sa-sa-ki.jpのblog

今回はHyper-V Server 2008 R2に仮想マシンを作成します。

まずはHyper-Vマネージャーの[新規]-[仮想マシン]をクリックします。

仮想マシンの新規作成ウィザードが起動するので[次へ(N)>]ボタンをクリックします。

名前と場所の指定を行い[次へ(N)>]ボタンをクリックします。

メモリの割り当てをして[次へ(N)>]ボタンをクリックします。

ネットワーク接続はひとまず[接続しない]のまま[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
※後ほどネットワーク接続の設定を行います

仮想ハードディスクの作成を行い[次へ(N)>]ボタンをクリックします。

インストールオプションとして[ブートCD/DVD-ROMからオペレーティングシステムをインストールする(C)]を選択します。
メディアは[物理CD/DVDドライブ(H):]とドライブは[D:]を選択します。
Windows Web Server 2008 R2のDVD媒体をDVDドライブにセットしたら[次へ(N)>]ボタンをクリックします。

ウィザードが完了するので[完了(F)]ボタンをクリックします。

これで仮想マシンが作成できました。
次回は仮想マシンにWindows Web Server 2008 R2をインストールしていきます。


“Hyper-V Server 2008 R2に仮想マシンを作成する”にコメントはありません

コメントする