広告

検索

RSS RSSフィード

カレンダー

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

最新のコメント

リンク

インストールマニアックス用サーバにインストールしたHyper-V Server 2008 R2の設定その2

投稿者:yasu 更新日時:2009年12月28日 0時53分26秒
カテゴリHyper-V Server 2008 R2, INSTALL MANIAX 3

前回に引き続いてHyper-V Server 2008 R2の設定を行います。
インストールマニアックス用サーバにインストールしたHyper-V Server 2008 R2の設定 ≫ sa-sa-ki.jpのblog

リモート管理の構成

[4)リモート管理の構成]を選択します。

[1)MMC リモート管理を許可する]を選択します。

「すべてのWindowsファイアウォール プロファイルに対してリモート管理が許可されました。」とダイアログが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。

[2)Windows PowerShell を有効にする]を選択します。

Windows PowerShell の設定が終わると再起動を求められるので[はい(Y)]ボタンをクリックして再起動します。

再起動が終わったらログインします。
メニューが表示されたら再度[4)リモート管理の構成]を選択します。

[3)サーバー マネージャーのリモート管理を許可する]を選択します。

「リモートサーバー管理が有効になりました。」とダイアログが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。

[5)メイン メニューに戻る]を選択します。

リモート管理の構成

クライアントマシンからリモートで接続する際に必要な管理者を作成します。

[3)ローカル管理者の追加]を選択します。

作成するユーザを入力します。
ここで入力するユーザとパスワードはHyper-V管理ツールをインストールするクライアントOSのログインユーザとパスワードと同じでないとクライアントのHyper-V管理ツールから接続できないので注意

パスワードを入力します。

確認のためにもう一度パスワードを入力します。

Administratorのパスワードと同様、英数字+記号で6文字以上のパスワードであれば登録が完了するので[OK]ボタンをクリックします。

ファイアウォールの設定

最後にファイアウォールの設定ですが、yasuの自宅環境ではHyper-V Server 2008 R2は外部に公開しないのでファイアウォールを無効にします。
コマンドプロンプトをアクティブにして、以下のように入力します。

C:\Users\Administrator> netsh advfirewall set currentprofile state off

実行後、OKと表示されればファイアウォールが無効になっています。

コンピューター名の変更

[2) コンピューター名:]を選択します。

新しいコンピューター名を入力します。
※yasuはhyper-vに変更しました

以上でHyper-V Server 2008 R2の設定は終わりです。
次回はクライアントマシンの設定を行います。


“インストールマニアックス用サーバにインストールしたHyper-V Server 2008 R2の設定その2”にコメントはありません

コメントする